可変ギャップスペーサー

ファントムのブレブレをどうにかしようと造った部品ですが、コレではどうにもならなかったので、フリーハンド用のスペーサーにします。
画像

スペーサーにねじ切りした、いわゆるトムクーンタイプのギャップシステムです。
0mm~ベアリングギリギリまで調整可能です。
一般のプレーヤーにはあまり意味無いと思いますが、色々なパッドを検証する趣味の方には便利だと思います。

この記事へのコメント

NN
2007年05月13日 21:15
可変ギャップ、カッチリした作りならプレイヤーにとっても便利ですよ。
リターンシステムがステッカー系統のレスポンスを一定に保ち辛いヨーヨーには効果的なんじゃないかと思います。

ケガ全快で復帰したら全然ヘタになってました(笑
またフリーハンドで修行し直しです。
ランニングコストのいいステッカー探さないと…
雪隠堂
2007年05月14日 11:07
薄いねじ切りスペーサーを造ってWナットにすれば、ガツチリ押さえる事が出来て、尚かつ、最良のギャップを探ることが出来ます。
でもOリング式の方が使い勝手は良いですね。

切り取り作業を面倒と感じないのであれば、コスト、性能、総合的に見てポアテープをお薦めします。
丁度良い幅のモノが「ダルマ」にあります。「薬王堂」には細いモノしかありませんでした。

この記事へのトラックバック